適切な工法とはー在来軸組・2×4工法以外の選択ー

建築工房きらく 山田です。
突然ですが、地震に強い建物と弱い建物あなたならどちらを選びますか?
…当然強い方がいいに決まっていますね。

では、強い建物っていったい何でしょうか?耐震等級の高い家でしょうか?柱が太い家でしょうか?
もしくは鉄骨造の家でしょうか?
これに対してはいろんな意見があるので簡単には答えることはできませんが、私個人としては「適切な工法」で建てた家こそが強い家だと考えています。

ちなみに、一般的な木造住宅の工法には軸組(在来)工法と2×4(ツーバイフォー)工法の二つがあります。
軸組工法には間取りの自由度の高さと増改築の容易性などのメリットがありますが、逆にデメリットとして家の精度に大工さんによってばらつきがでることがあります。
対して2×4工法(ツーバイフォー)工法には高い耐震性と高気密・高断、工期の短さがありますが、デメリットとして、間取りの自由度の低さと将来的に増改築がしづらいなどが事項があげられます。

ここ豊田市だけでなく、おそらく全国ほとんどの工務店が住宅の新築工事では、このどちらかの工法を採用していると思います。

ここでそろそろ本題に戻ります…
ズバリ建築工房きらくの考える「適切な工法」とは軸組工法+パネル工法のハイブリッドです。
※パネル工法について詳しく知りたい方は【住宅の耐震について④】と【建築工房きらくのパネル工法】をご参照くださいm(__)m


図:当社の採用する軸組+パネル工法

この2×4(ツーバイフォー)工法でも軸組工法でもない建築工房きらくのパネル工法は、軸組工法の自由な間取りと2×4工法の高い耐震性、高気密・高断熱、工期の短いなどのメリットを併せ持つ軸組+パネルのハイブリッド工法です。
残念ながらまだ豊田市を含む愛知県内ではこのパネル工法を標準で採用している住宅会社は当社以外にはありません。
おそらく建築原価があがることと、新しい工法を取り入れることを潜在的に嫌がっている会社さんも少なくないと思います。逆にいくら性能があがるとはいえ高い原価をかけてまで、採用しようとする当社の方が変わり者かもしれませんが…w
震災の影響で建築資材の原価が高騰しましたが取引業者との粘り強い交渉の末、幸いこのパネル工法を採用しても直接的な価格アップの要因にはつながりませんでした。むしろ工期が短縮できてお客様には喜ばれています(^^)
構造や工法は家の性能を左右する大事な要素です。内装や外装の様にリフォームでガラッと変更できるような代物でもないのです。
だから建築工房きらくはこの工法選びに妥協をしませんでした。わざわざ工場のある東北まで行きその良さを体感してきました。
私が目で見て触って納得して採用したこのパネル工法についてもっと知りたいという方はいつでも建築工房きらく 山田まで連絡ください。

電話の際は tel:0565-26-0606(代表直通)まで
メールについてはメールフォームよりお問い合わせ下さいm(__)m

少し(というかかなり)マニアックな話になるかもしれませんが…なるべくわかりやすく説明を致します!(^^)

ページトップへ戻る