建築工房きらくのパネル工法

日本古来の木造軸組工法は、「柱」「梁・桁」により構成され、高温多湿な日本の風土に合った工法です。

従来、地震や風には「貫(ヌキ)」や「筋かい」といった一本の木材が線によって支えることしかできませんでした。ただ、これでは大きな力がかかると家が壊れやすくなります。

今後、住宅の省エネルギー性の義務化や長期優良住宅、ゼロエネルギー住宅などの取り組みを進めていくことが必須なのですが、省エネルギー性と耐震性を同時に向上することができる構造用パネルに着目しました。

そうして出来た木造軸組工法と最新技術のパネル工法の良さを活かした「新在来パネル工法」を皆様のお宅に採用しています。

高い耐震性の家

出来上がって間もない家が台風や地震などの被害に遭っている姿を見てきました。今までの建築の常識を一瞬でひっくり返すような天災が後を絶ちません。

新在来パネル工法では、筋かいのような線ではなくパネル全体(面)で支える構造なので、優れた耐震性を誇ります。

また、実際の地震を想定し住宅を揺らす「実大振動実験」で安全性の確認もしております。なので、東日本大震災の時も新在来パネル工法を採用した住宅では室内の壁に1本もヒビが入ってない事も確認されています。

省エネで家計に優しい家

新在来パネル工法はパネルを柱と柱の間にすっぽりとはめ込む(従来は表から打ち付ける)ので、従来の工法に比べても高い気密性能を発揮することができます。

気密性能が高い家は、温めたもしくは冷やした空気が逃げにくい家ですので、エアコンの効きもよくなり少ない電気料で快適に過ごすことが出来るようになります。
またパネル工法は柱と柱の間に配置される筋かいを必要としないので、筋かいを使用する従来の工法と比べて隙間なく断熱材を入れる事ができました。

ここ豊田市では雪国ほどの心配はありませんが、このように新在来パネル工法を採用した結果、雪国でも十分に対応できる高い気密性能と断熱性能を得ることができました。

ページトップへ戻る