建築工房きらくの自然素材の家

素材にこだわる住まいづくり

近頃の建材や家具を思い浮かべてください。どんな材料でできていますか?
「木でしょ!」と答えたくなりますが、高級なもの以外はほとんど木を使っていませんね。

私も建築に携わるものの一人として悲しんでいるところです。
しかも、中の材料はなんだか分からないけど表側に薄く木のシートを張り付けてみたり・・・本当の材料をなぜ使わなくなったのでしょうか?
100%ピュアな状態で、人は生まれたわけですから自然素材に包まれて暮らせた方がいいわけですけどね!

当然、あなたもそう思っていらっしゃいますよね。

木に触れる幸せ

自宅にコルクボードがあったら実験してほしいのですが、自宅のフロアーって結構冷たいですよね。
床にコルクボードを敷き片方の足はフロアーに、もう片方の足はコルクボードに乗せてみてほしいんです。

どうです?
コルクボードに乗せた足は冷たくないでしょう。
そうなんです。
本当の木に触れると冷たさが無いんです。
床の上に寝転ぶ家族の写真なんかを目にしますが、あの光景ってのは自然素材の床の上だからこそ実現するんです。

あなたは、自宅の床に寝っ転がってどんな夢を見て、どんなお話しをしますか?

呼吸に優しい天然素材

私の友人はコンタクトをしています。
ある新築したばかりの家を見せたとき、目の辺りを頻繁にこすっていたんです。
どうしたか聞いてみると『目がかゆい!』って・・・

実はビニールのクロスを貼るとシワができずに早く乾かすためにボンド系の壁紙のりを使います。
これが乾燥するときに合法とは言え僅かなガスが発生します。
半年か1年すればなんにも気にならなくなるのですが。
天然素材で仕上げると当然ですがそんな心配はありません。

自然素材の中で、自然に暮らす・・・

 

聞いてびっくりする自然素材の力

新居に引っ越しする際に、だれでもしてしまうのが床などの傷です。

重い冷蔵庫を引っ張ったり、ソファーをずらしたり…

当然自然素材の床は、工場で作られる合板フロアー材より柔らかいし傷がつきやすいです。

でも…付いてしまった冷蔵庫の車輪の跡にスプーンでそっと水にぬらして欲しいんです。
最初はワックスも利いてますから「ボヨ〜ン」と表面張力で丸まっていますが一晩、二晩するとなんと傷がほとんど目立たなくなってしまいます。

無垢材で仕上がったあなたのお宅でも是非お試し下さいね。

柱のキズは〜おととしの〜♪

こんな唄はだれでも聞いたことがあると思います。

今のマンションやアパートは勝手に釘を打ってはいけないし、同時にどこに打てば良いのかわかりませんね。
ですから、棚を作ろうにも床に置くものであればいいのですが壁に釘やネジで取り付けるものはなかなか作る気になれません。
少し曲がっていてもあなたが自分で作った棚も味があるじゃないですか。
そんなストレスを取り除いてくれるのも自然素材の魅力ですよ!

ページトップへ戻る