ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHとは

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)の略です。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げて、自宅で使用するエネルギーを減らし、かつ太陽光発電などでエネルギーをつくります。

使うエネルギーを抑えるためには、冷房・暖房をどれだけ少ないエネルギーに抑えるかが要となります。

ZEHの法律

建築業界では、法律により2020年からすべての新築住宅に対し「省エネルギー基準」への適合をしなければななりません。

さらに2030年になると、ZEH住宅にも対応しなければなりません。

新在来パネル工法

新在来パネル工法では、筋かいを使わず、パネル化した構造用合板の耐力壁を木質フレームの中にスッポリと入れ込む「入れ子構造」になっています。

一般的な在来工法では、地震などの力に対して「筋かい」で抵抗しますが、それでは断熱材をたっぷり入れることができません。

しかし、建築工房きらくで標準化している【新在来パネル工法】は「筋かい」を1本も使用しないため、断熱材をより多く使用できるのです。

高い機密性

メリットはこの他にもあります。
【新在来パネル工法】にすることで、繋ぎ目が少なくなり、機密性も高まります。

これにより、夏は室内のエアコンの冷たい空気が逃げにくく、冬は室外からの冷たい空気の侵入を防ぎます。

少ない電気量で快適に過ごしていただけます。

パネル工法について詳しく見る ≫

建築工房きらくのZEHの普及率目標

  平成28年度
(2016年実績)
平成29年度
(2017年)
平成30年度
(2018年)
平成31年度
(2019年)
平成32年度
(2020年)
ZEH受託率 注文 0棟 注文 20% 注文 30% 注文 40% 注文 50%
Nearly ZEH受託率 注文 0棟 注文 10% 注文 10% 注文 10% 注文 10%
ZEHシリーズ受託率の合計
(ZEH受託率 + Nearly ZEH受託率)
注文 0棟 注文 30% 注文 40% 注文 50% 注文 60%
その他の住宅受注率 100% 70% 60% 50% 40%
合計 注文 100% 注文 100% 注文 100% 注文 100% 注文 100%
ページトップへ戻る